テニスの試合は数が大事

テニスの試合は数が大事

テニスが趣味の人にとって、日ごろの練習と試合は違うなと感じる人が多くいます。
対戦ならではのルールや、サービスを打つときの緊張感で、自分の力を出すことができない人もいます。
練習だけでなく、試合も数をこなして慣れないと、自信をもつことがなかなかできません。
テニスクラブの中には、初級や中級、上級に分けて試合をすることができるところがあります。
価格も安く、申込みも簡単なので、数をこなしたい人におすすめです。
相手は、他に申し込んだ人なので、知人の場合もあれば知らない人と対戦することもあります。
いつもの仲間同士とは違った戦いをすることで、新しいプレーを知ることのできるいい機会が得られます。
ものすごくプレーが上手な人と対戦すると、負けてくやしい思いもしますが、それでけでなく、何を改善すると点数がとれるのかを考えるいい経験になります。
知人でも知人じゃなくても、試合後に、お互いのプレーについて、話す時間があると、改善点も見えてきて、とても役に立ちます。

テニスの試合の時間は大変

練習はでは、そこそこうまくできても、試合をするのは難しいのがテニスです。
テニスの練習では、自分の苦手なことだけをできるわけではなく、いつものルーティンで終わって、趣味だからと済ましがちです。
いざ試合に登録してしまうと、体力が持たず、内容を向上させるレベルにまでいかせることも難しい。
テニスの試合は、1セット30分くらいが通常かかり、3セットと5セットのものがあるので、1ゲーム30分としても1時間以上はかかる。
しかも、相手が同じくらいのレベルだと、だらだらとラリーが続き、時間がますますかかる。
練習は、あくまでもラケットをもって行うので、体力を向上させたい場合は、走ったり筋トレをしたりと日ごろから努力が必要になる。
テニスの試合を組む
日ごろから体力をつけて、練習も続けることで、ようやく試合で、自分のいい点や悪い点を客観的に見ることができるので、やはり体力を増すことが何よりも大切。
ウェアやグッズを磨く前に、筋トレ。
これは必須です。


Comments are closed.