人気エリアの東京で借りる賃貸事務所のメリット

人気エリアの東京で借りる賃貸事務所のメリット

ひとつの傾向として、東京にあるオフィスは、賃貸事務所であることが多くなっているそうです。
大企業でも、自社ビルを所有している企業は減少傾向にあります。
自社ビルを処分して、規模を縮小するという場合などにも、まずは規模に合わせた賃貸事務所を借りることになります。
まして起業したばかりで従業員数が少ない場合、ほとんどが賃貸事務所からのスタートになるでしょう。
はじめて借りる際には、事業計画書を用意する必要があります。
賃料をきちんと払ってもらえるかどうか、オーナー審査があるのです。
また、保証金として賃料の数ヶ月分を支払う必要もあります。
反対に事務所用物件を購入した場合のほうが、長期的にみると安くなる場合もあります。
それでも東京で賃貸事務所を借りるメリットは、気軽に移転できることです。
実際に借りてみないとわからないこともあるでしょうし、事業規模を拡大していこうというときには、短期的に借りてより大きな事務所に移転していくことが可能です。
東京には物件数が多くありますので、繁盛しやすい立地や条件を十分吟味して選ぶことができます。
しかし、賃料の安さだけで選んだり、事業計画が不十分なため初期費用だけかけてすぐ移転するなど、損してしまわないように良く検討してほしいと思います。

賃料が高い東京エリアの賃貸事務所を賢く選ぶ方法

東京の賃貸事務所は、一般的に都心部の利便性の高い地域ほど賃料が高いという傾向があります。
一階の路面店では特に、坪単価がアップします。
しかし反対に、2階以上になると賃料は下がりますし、駅から離れたビルですとか、いくつかの条件さえクリアできれば賃料を抑えた物件を見つけることも可能です。
都心から離れた都内の住宅街にも賃貸事務所はあります。
そうした都内の賃貸事務所なら、賃料を抑えて営業することができます。
同業者がひしめく東京の中心地のオフィス街の方が便利で収益も上がるという場合もあるでしょう。
そんな中心地に昔からある建物の一室でも、周辺環境やセキュリティ、管理状況がしっかりしていれば、従業員も快適に働くことができます。
賃料以外にも、共益費や保証金、敷金礼金の設定があり、初期費用がかかることを考えると、焦って決めるより、じっくり物件を見て契約することをおすすめします。
少しでも経費を節約したい場合には、フリーレントといって、はじめの数ヶ月間の賃料を無料にしてくれるオーナーさんもいるので、不動産屋さんを通して交渉してみてはいかがでしょう。
いくつか物件を見ていく中で、どうしても借りたい気持ちになる、人気の物件なら、かえってあまり交渉する余地がないかもしれません。
良い物件は、空き待ちをしている同業他社がいるなど、空きが出てもすぐに決まってしまうので、チャンスとタイミングを逃さないように決断することも、東京で賃貸事務所を借りる際には必要となってきます。

賃貸事務所を東京で借りる際のトラブルとは

SOHOなどで賃貸事務所を人気エリアの東京で借りる際、住居の賃貸契約とはどのようなちがいがあるのか考えてみたいと思います。
住居の場合の現状回復は、普通に使っていて大きな汚れがなければ、全部の床や壁、天井のクロスまで張替えを要求されることはありません。
そして、賃料には消費税はかかりません。
一方、賃貸事務所を借りる際は、現状回復時には、床、壁、天井クロス等は基本的に全部張替えるのが一般的とされています。
そして賃料には、消費税が課税されます。
この違いを見て、SOHOマンションなどで住居契約を結んでしまうと、トラブルにつながる場合があります。
あくまで住居としての契約ですと、「事務所」としての届け出や契約書の提出ができないので、許可や届け出が必要な業種では、営業できないというトラブルが発生する場合があるのです。
注意して契約しましょう。

また、東京の賃貸事務所を事務所契約で借りる際、保証金や、現状回復の内容は、後々トラブルになりやすいですので、契約時にしっかりチェックしておくことが重要です。


Comments are closed.