胸郭変形疾患ってどんな病気

胸郭変形疾患ってどんな病気

他の人と比べて、自分やあるいは自分の子供の胸の部分にくぼみがある、形が少しおかしいなと感じている方はいませんか。
もしかしたら、それは胸郭変形疾患という病気かもしれません。
胸郭変形疾患には様々なタイプがありますが、簡単に言うと胸の部分がへこんでしまう病気です。
この病気は先天性のもので、小さいころに発覚する場合が多いようです。
胸の部分がへこんでいることで、どんな影響があるかというと、肺や心臓を圧迫してしまいます。
肺や心臓が圧迫されると、息苦しさを感じたり、呼吸が困難になったりしてしまい、生活に大きな影響が出てきそうですよね。
胸のへこみは成長とともに現れてくるようで、だいたい小さいときに親が気付いて、手術を受けるという場合が多いようです。
しかし、大人でも手術を受ける人はいます。
症状の重さは人によって異なるので、中には気付くのが遅くなる人もいるようですし、反対に医師に手術をすすめられる人もいます。
もし、自分やあるいは自分の子供が胸郭変形疾患かもしれないと思う方は、一度病院に行った方が良いかもしれません。

胸郭変形疾患の治療が必要な方へ

胸郭変形疾患という病気は多くの人が聞いたことのないような病気ですし、具体的にどのような症状が出るのかわかりませんよね。
聞きなれない病気のため、病名を聞いて不安に思ってしまう方もいるかもしれません。
胸のへこみが気になるという方は、まずは胸郭変形疾患に関する専門の病院を調べてみましょう。
専門の病院なら、病気についての詳しい説明が載っているかもしれません。
その説明書を読んで、どんな病気なのか確認しましょう。
症状がひどいと手術を受けなければいけない可能性もあるので、手術までの流れもチェックしておいた方が良いかもしれませんね。
手術は大人でも不安だと思いますが、自分の小さい子供に手術を受けさせるとなると、もっと不安ですよね。
手術を受ける前に、わからないことや不安なことがあるなら、医師にしっかり相談しましょう。
自分や自分の子供の胸郭変形疾患がどれほど重症なのかは自分ではわからないと思うので、少しでも症状に当てはまるなら医師に相談した方が良いと思います。

自分でもできる胸郭変形疾患のケア

症状がそれほどひどくないと、胸郭変形疾患は手術を受けなくても良いと考えられる場合があります。
手術費用も高いですし、手術に対して不安を感じる方も多いと思うので、できることなら手術は受けたくありませんよね。
しかし、人前で着替えなければいけないときや、プールや温泉で上半身裸にならなければいけないときがあると思います。
そんなとき、胸のへこみがあると、人目を気にしたり、からかわれたりして、楽しい思い出が作れないと思い悩んでしまうかもしれません。
胸のへこみを目立たなくするための方法には、手術だけでなく、自分でできるケア方法があります。
例えば、姿勢を良くすることです。
胸のへこみを気にして、つい猫背になってしまうかもしれませんが、背筋を伸ばして、姿勢を正しくすることを意識しましょう。
胸郭変形疾患を本気で治したい方へ
あとは、ストレッチや筋トレの方法なども紹介されています。
このように胸郭変形疾患を目立たなくする方法もあるので、諦めずに自分にできる限りのことをしていきましょう。


Comments are closed.