エアフィルターの種類と用途

エアフィルターの種類と用途

エアフィルターとは、液体や気体の中の不要物を通過させない装置でろ過器のことを言います。

エアフィルターと言ってもたくさんの種類があります。

一般的なものは、エアコンの中に備えてある薄くて軽い網目状のフィルターが空気中のごみやほこりなどを取り除いて、きれいな空気を送り出す働きがあります。

他には、空調清浄器用や活性炭フィルター、カーエアコン用、換気用、オゾン分解フィルター、加湿フィルター、除湿ローターなどもエアフィルターの種類の中に属します。

最近、中国で発生しているPM2.5(微粒子状の有毒物質について、エアフィルターの働きが特に注目されています。

なぜなら、PM2.5が微粒子なのでは、簡単に体内の肺や器官などに入り込み、主に北京や上海などでは、気管支炎になったり、喘息を患ったりする人が急激に増えています。

中国の大気汚染問題は国際的にも、早急に対策を練らなければなりません。

様々なフィルターを使うことで見えてきます。

エアフィルターを必要としている中国の大気汚染問題

中国の大気汚染が発生してしまった原因は、火力発電の増加と工場のモラル意識、近代的ライフラインの整備の遅れから来るものです。

大都市の中に火力発電が多く立ち並び、自動車の台数も増えています。

曜日ごとに車番の末尾が奇数と偶数の車に振り分けられて幹線道路の通行が規制されること事態が前代未聞です。

また、個人の暖房器具に持ち入られる石炭の使用が増えたことです。

特に問題視されているのは、工場の有害物質の排気によるモラルの意識が低いことです。

このような諸問題を抱えている中、エアフィルターはあちらこちらで威力を発揮しています。

個人向けの暖房器具で石炭を使うとなれば換気用フィルターや空調用清浄器用フィルターをお薦めしますが、中国の家は、特に都市部では石造りの家が多いので、
なかなか、全世帯にエアフィルターのようなものが行き渡るのは難しいと言えますが、今後、中国全体で本気になって大気汚染の問題と向き合うならば、エアフィルターの需要は増えていくでしょう。

エアフィルターがきっかけとなり飛躍する中国との関わり

PM2.5によって、エアフィルターの需要が増加される傾向にあります。

大気汚染の問題は、中国に限ったことではありまんが、今、最も深刻な問題を抱えているのは確かです。

近隣のアジア圏、日本でも九州近郊までPM2.5の影響が出ていて、PM2.5の測量計も設置されていたり、地方紙の新聞にも測定値が掲載されたりしているほどです。

これらの問題を解決するには、先進技術を応用し、様々な塵やごみを集めたり、臭いを逃がしたり、消毒したり、新鮮さを保ったり、
加湿フィルターやエアフィルターを日本や中国で製造販売して、広く中国内で活用して行くように中国にエアフィルターを供給できる場所を作ったりしています。

用途に応じたエアフィルター製品

常に日本人の管理の元、フィルターが製造されているので、商品は日本や中国の市場ではもとより、世界の市場でも注目されています。

今では、中国でのネットワークも広がり、中国内の都市、北京を始めとする他10カ所の基地でエアフィルターの製造が行われています。


Comments are closed.