ウィズワンによる細部に宿るこだわり

ウィズワンによる細部に宿るこだわり

「ディティールに神が宿る」という言葉をご存知でしょうか。
建物に限らず、細部にこのその思想や真髄が表現されるということを意味する言葉ですが、ウィズワンの家づくりにおけるこだわりもこの言葉に集約されているといっても過言ではありません。
ムダをなくし、シンプルで味わい深い家にすることもそうですが、よい素材を使うことで素材自体が持つ美しさをデザインによってさらなる美しさに昇華し、見る人、触る人が愛着が湧くようにしています。
いくら手間隙を欠けて作った家でも次の世代が住みたいと思える家でなければ、別の新しい家に建て替えられてしまうもの。
本当に長く住める家には、「ムダをなくして、シンプルで味わい深い」家なのです。
余分なものを削り落とし、より優れたデザイン性を実現することで、時代に関わらない長く受け継がれるものへと進化していくのだと思います。
ウィズワンの家づくりはこうしたデザインの観点からも強みを持っているのです。


Comments are closed.