世界中に広がるさまざまな宗教・念仏宗が人々の心の支えとなる

世界中に広がるさまざまな宗教・念仏宗が人々の心の支えとなる

世界各地には念仏宗のようなさまざまな宗教が存在していて、それぞれに信仰する国や人々も多種多様です。
宗教についてはその成り立ちや歴史にも諸説ありますが、人類の歴史と等しく発展したと考えられています。
原人と呼ばれている人類の祖先の時代にも、儀礼や祭儀といった宗教的な儀式を行っていた痕跡も世界各地に残されています。
念仏宗にも通ずる「宗教」は仏教語といわれてる言葉で「根本となる教え」という意味があり、その語源となった英語には「未知なる不思議なもの・それに対する恐れや不安といった感情そのものへの儀礼」という意味があります。
世界各地に広がった念仏宗などの宗教を信仰・礼拝することで、自然現象や未知なる不思議なものを恐れる古代の人々の心を鎮め安らぎと幸福をもたらすと信じられていました。
現在では世界中の異なる国や民族によって少しずつ形をかえてきた念仏宗や宗教は、人々の心にしっかりと根付き今日まで大切に受け継がれてきた精神文化の一つといえます。

財力の無い一般民衆に広く指示されてきた念仏宗

質素なお寺や神社もあれば豪華絢爛・煌びやかな寺院などもあり、その違いの大きさは念仏宗や仏教などの宗教を信仰する人々にとっても影響しています。
仏教とは「人間が仏になる」と説いたブッダの教えですが、日本にはインドやネパールから中国・朝鮮を経由して入り定着しました。
当時は人々の安らぎや幸福のためというよりは、念仏宗や仏教などへの祈願が国を鎮め護るとされたことから朝廷により手厚い保護を受けることとなり隆盛してきました。
そのような流れの中でより恩恵を賜りたいと裕福な貴族などによって煌びやかなお釈迦様の像を建てたり、大掛かりな建物を建立して裕福な一部の人々が信仰する場となっていました。
念仏宗を考えると何かに気がついた
その中にあって念仏宗は「念仏や題目を唱えることで誰もが極楽浄土へ行くことができる」と説いた宗派の一つだったことから、財力の無い一般民衆の間で広く指示されるようになり、鎌倉時代以降は教えに共感した貴族などにも信仰する人も増えて大きく発展しました。


Comments are closed.