歯科診療所データから見る静岡市

歯科診療所データから見る静岡市

全国の歯科診療所は2013年で約68,600軒あり、前年が約68,450軒だったことを考えるとやや増加傾向にあります。
その中で2013年静岡県の診療所数は1,777軒日本全国。
その内市内で最も多いのは浜松市で383軒、次いで静岡市の347軒です。
全国的な増加傾向に合わせ、静岡市も前年の344軒から微増しています。
とはいえここ5年で大きな変動は見受けられず、都市人口に対して十分な診療所が開設されたと言えるのではないでしょうか。
ちなみに人口10万人あたりの歯科診療所数は、静岡県で47.7軒、東京都が80.27軒であることを考えるとかなり少ないと思われます。
人口当たりの診療所が少ないにも関わらず、十分な診療所があるということは、静岡県は比較的治療が必要な人間が少ないことを指しています。
ちなみに静岡市で10万人あたりの歯科診療所を見ると48.9軒となっております。
この数字は静岡県内で最も高く、歯科診療所が充実していることを示しています。

静岡市の特色を生かした歯科的対応

今や「歯周病」という言葉を知らない人はいないでしょう。
口内の雑菌によって歯肉が炎症を起こし、やがては歯を失いかねず、最終的には全身に悪影響を及ぼす恐ろしい病気です。
予防のためには口内を清潔に保つことはもちろん、食生活の改善も有効です。
実は静岡市の名産品での歯科的対応が効果的な面があります。
歯周病予防に効果的な方法として、殺菌効果がある唾液を多く出すためによく噛んで食べたり、残渣を残さないために繊維が多い食物、あるいは歯周病菌を抑える乳酸菌を食べたりと、普段の食事から気をつけることが必要ですが、特に静岡市の名産である山わさびは歯周病に効果的と言われています。
静岡市の歯科で有名なところ
更にもうひとつの名産である緑茶も歯周病に効果的と言われており、これらを併用することで大きな効果が出るそうです。
もうひとつの名産品、しいたけも先ほど挙げたように繊維が多く含まれており、静岡市の名産品は歯周病予防に歯科的効果があるものが多いようです。


Comments are closed.