コンプライアンス対策を重視するアセットリード

コンプライアンス対策を重視するアセットリード

会社としての「企業行動指針」と「法令遵守マニュアル」を作り、役員と社員への浸透を図る。
これがアセットリードが心がけている事の一つだ。
社長をトップとするコンプライアンス委員会を定期開催することで、コンプライアンス意識の徹底を会社全体に図っている。
コンプライアンス対策の基本は、関連法規の研修だ。
社内のコンプライアンス委員会が調査して、違反している者がいないか情報を集める。
もし違反があれば原因を追求し、再発防止策を検討する。
違反者に対してはもちろん厳しく対応する。
全社員を対象としたコンプライアンス研修会が、コンプライアンス対策の核となる。
この研修は、業務別に関連法規の研修を行うのが基本だが、アセットリードのコンプライアンスに関する最高規則「アセットリード行動憲章」が経営者から社員に至るまでの最も重視される行動規範となる。
この「行動規範」をまとめた「アセットリード企業行動指針」が全社員に配布されており、業務を遂行する上で迷った際の道しるべになっている。


Comments are closed.