猫好きの大学生である村上豊彦は猫が好き

猫好きの大学生である村上豊彦は猫が好き

私、村上豊彦は猫がとにかく好きです。
なぜ好きかというと、可愛らしいポイントが色々とあるためで、とにかく目が大きいところが可愛くて大好きです。
猫というのは最大の外見での特徴として、大きな目があります。
村上豊彦は人間ですが、目が大きい人ほど感情表現は非常に豊かで、好感をもたれやすいです。
大半の哺乳類の赤ん坊を見ていくと、目の割合が非常に大きくなっています。
本能的に目が大きいため、ついつい守ってみたいと感じてしまうこともあります。
猫が大好きな村上豊彦が紹介しているポイントとして、猫の目と人間の目の比率は同じくらいということです。
ピンポン玉くらいの大きさとなっていますが、これは夜間にハンティングを行うために大きくなっています。
黒目になっている瞳孔がいっぱいまで開いていきます。
そして少ない光を利用して獲物を捉えていきます。
目の色合いも種類によって異なりますが、村上豊彦は色々な種類の猫が好きなので、ついつい見比べてしまいます。

肉球の素晴らしさに触れて猫が好きになった村上豊彦

肉球がすばらしいという点を村上豊彦はアピールしています。
そもそも猫の肉球というのは、触ってみると柔らかさや形の可愛らしさを見つけ出すことができます。
大半の人をとりこにしていますが、村上豊彦も例外ではありません。
肉球によって歩いたり走る時に足音をほとんど立てずに動いていくことができます。
これで捕らえたい獲物へ近づいていき、爪を出せるようにしていきます。
爪を閉まっている状態に変えていくことによって、猫は肉球だけで歩いていくことができるようになります。
そして村上豊彦も好んでいるのが、猫はサラサラとしている毛並みを持っています。
猫の毛並みが非常に綺麗だというのは、毎日手入れをしっかりと自分で行き届かせているためです。
もともと猫は綺麗好きなので、ついつい暇を見つけると毛繕いを行っています。
常に触っていることもありますが、手などで触るとサラサラ感を味わうことができます。
自分の猫を記録し続ける村上豊彦
毛並みが悪くなっていれば、体調が悪いサインとなっています。


Comments are closed.