通販利用前に知っておきたい!医薬品と医薬部外品の違い

通販利用前に知っておきたい!医薬品と医薬部外品の違い

日本国内で開発された薬は原則として、医薬品と医薬部外品に分けられます。
ネット通販を利用する前に2つの違いについて知っておきましょう。
医薬品とは基本的に、病院で医師が処方する薬を指します。
皆さんが一般的に薬、とイメージするものであればほとんどがこちらに分類されると言っていいでしょう。
このほかに、ドラッグストアなどで買えるいわゆる市販薬の一部も含まれます。
使用の目的はずばり、病気や疾患の治療です。
厚労省が認可する有効成分が多く含まれ、なおかつ、病気の治癒効果も確認されています。
医薬部外品にも有効成分は含まれていますが、医薬品ほどではありません。
なので、用途としては疾患の予防のほうに重点が置かれています。
また、医薬部外品の場合、「効果・効能」というフレーズをパッケージなどに記載することができません。
そのかわりに、医薬部外品では「薬用」という表現で使用後に期待できる効果をアピールしています。
2つの違いを正確に理解して、安全に医薬品通販を利用しましょう。

ネット通販を安全に使うために!薬の分類講座

薬事法の改正により、店頭に行かなくてもネットで医薬品を買えるようになりました。
ネット通販を安全に利用するためにはまず、薬についての正しい知識が必要です。
医薬品は大きく、医療用と一般用に分けられます。
一般用はドラッグストアなどのカウンターでも買えることから、OTC薬とも呼ばれています。
さらに、使用時のリスクに応じて第一類から第三類までの3段階に細かく分類され、市販薬はこのうちのいずれかのカテゴリーに入ります。
第一類は副作用が非常に強く、使用時のリスクも高い薬です。
そのため、第一類の販売には薬剤師の立ち会いと書面での説明が必要です。
第二類は比較的副作用が弱く取り扱いやすい薬で、薬剤師でなくても登録販売者であれば販売が可能です。
第三類は深刻な副作用がないと確認されている薬で、ドラッグストアの店内に陳列されています。
陳列場所がカウンターから離れるほど医薬品としての安全性が高い、と考えても間違いではありません。
通販では薬の副作用の解説が読みにくい場合があるので、注意書きを何度も読み直す、信頼できるサイトからしか購入しないなどの安全対策を講じてトラブルを防ぎましょう。

ネット通販での医薬品購入に役立つ!副作用の本当の意味とは

薬には副作用がつきものというのは、通販でしか薬を買ったことがない人でも知っている常識です。
結論から言うと、副作用のない医薬品は存在しません。
少なくとも現代医療のレベルでは、副作用がまったくなく、人体にとって有益な効果のみを発揮する薬は開発できないのです。
もっと厳密に言えば、薬そのものの副作用は存在しません。
ある薬の服用によって想定される作用のうち人体にとって望ましいものを効能、望ましくないものを副作用と便宜的に分けているだけなのです。
効能と副作用は、ときに紙一重です。
もともと狭心症の治療薬として開発された新薬がのちに副作用のほうに注目があつまり、ED治療薬へと転用されたように、本来望ましくないはずの副作用が効能として利用されることもあるのです。
原則として、高い効果が期待できる薬ほど副作用も強くなります。
従来型の抗がん剤はがん細胞以外の細胞も傷つけてしまうので、使用後に激烈な副作用におそわれることになります。
医薬品を通販サイトで探す
近年では医薬品の開発技術が格段に進歩しているので、より副作用の弱い安全な薬が通販でも買えるようになるでしょう。


Comments are closed.