幼児教室入門編は正しい育児と子供が自ら学び考える力を作る

幼児教室入門編は正しい育児と子供が自ら学び考える力を作る

小学校入学前の幼い子供が、日常生活や学校でのマナー、先生から質問された時の受け答えなどを学ぶための「幼児教室」が近年増えて来ています。
多くの幼児教室では、まだ生まれて間もない0歳児から入所を受け付けていますが、0歳から3歳までの段階では、子供よりも、まだ子供を育てた経験が浅いお母さんたちへの「育児教室」から始めます。
デビューしたての若いお母さんたちにとって育児の悩みや不安は尽きませんが、いちばん大切なのは、まだ無垢な子供を思いっきり可愛がって愛情をあげる事です。
赤ちゃんの成長を促すという「うつぶせ寝」の正しい知識や離乳食の与え方まで、専門のインストラクターから指導してもらえますが、この時期に、これから大きく子供が育つ基本の基本部分が出来るのでしょう。
そして3歳から8歳になると、いよいよ子供たちのカリキュラムが始まります。
と言っても国語や算数を勉強するのではなく、いろいろなおもちゃで遊ぶ事から「自分から学び、考える力」を身に付けるのです。
幼児教室では、この年齢でしか身に付けられない「学んで考える土台」作りから始めてゆきます。

考え遊び動く子供たちの心と頭と体の可能性を広げる幼児教室

全国に展開する幼児教室では、総合教育コース、英語コース、小学生コースまであり、大勢の子供たちが元気に遊び学んでいます。
その中で総合教育コースでは、自己表現をし人間関係を作る事が出来る「心」、情報や知識、技術を理解しそれを生かす「頭」、遊んで学べるのに必要な身体能力をつける「体」の3つをバランスよく育てます。
そのために、言葉や文字、数や形、音楽や英語、心育て、運動、造形、自然の7分野こそが最も子供たちを立派な人間に育ててゆく重要な要素であると考えます。
この7分野で、他の人と話してコミュニケーションを豊かにする、やがては仲間を作る、歌を歌ったりして日本語の表現力を出し外国からやって来た英語のリズムに親しむ、運動をする事で基本動作やバランス感覚を育てる、自分たちが生きている環境やいっしょに生きている生き物たちを知る、この力を身に付けてゆくのです。
そして、子供たちが様々な物事に関心を持ち、出来る物事の可能性を最大限に広げてゆく、これこそが幼児教室の根幹と呼べるでしょう。

子供の無限の可能性を幼児教室では「心を育てて」発揮させる

数多くの幼児教室の中には、子供が持つ天才的な能力を大きく存分に引き出す幼児教室があります。
勉強やスポーツはもちろん、趣味や特技など、子供の秘めている能力は計り知れません。
好奇心旺盛な時期に、その能力を秘めているのではなく最大限引き出せば、大きな自信になる事は間違いないでしょう。
そのためには、100パーセントの力を引き出す、潜在能力を引き出す、やりたいという気持ちを引き出す、良いところを伸ばす事が重要です。
しかし、多くの人々は天才的な能力を秘めているのに実際にはその5パーセントぐらいしか使っていないと言われています。
能力を使う事を阻んでいるのは「心理的な限界」でしょう。
「自分はここまでしか出来ない」と思ってしまったら本当にそれ以上の事が出来なくなってしまうのはこれが影響しています。
ましてや教師や親から「お前は何をやっても駄目だ」と一方的に言われれば、子供は本当に自信を失ってしまうでしょう。
幼児教室の学習法
幼児教室では、子供のあるがままの姿を認めて子供の「心を育てる」教育を重視し、子供の得意な物事の能力を最大限発揮させます。


Comments are closed.