フロアコーティングその前に・・家の床材の種類について

フロアコーティングその前に・・家の床材の種類について

一口にフロアコーティングと言っても種類は様々。
値段も耐久性もそれぞれによって違うので、選ぶ際には業者とよく相談した上で行いましょう。
まずフローリング材の種類から説明します。
フローリング材は主に3種類あると言えます。
1つが合板フローリング材。
これは複数の化粧板を合わせたもので、温度による膨張性や伸縮性が少ないのがメリットです。
2つ目が無垢フローリング材。
一つの木からを作られている床材で、木そのままの空気感や手触りを感じられる事がメリットです。
しかし温度によって膨張したり、反りが見られるというデメリット面も存在します。
3つ目が合板フローリング材の表面に、木材を印刷したシートを貼り合わせているシートフローリングです。
施工性が高く、値段も安いという点がメリットです。
シートフローリングはワックスがけが推奨されていない事もあり、特にフロアコーティングが必要であるという見方もされているようです。
フロアコーティングは床材の硬度によっては出来ない場合もあるようなので、気になる方は一度業者に相談される事をおすすめします。


Comments are closed.