村上豊彦が最も美しいと認める猫「三毛猫」

村上豊彦が最も美しいと認める猫「三毛猫」

日本で猫といえばやはり三毛猫ではないでしょうか。
私、村上豊彦もたくさんの猫と触れ合ってきましたが、やはり道端に寝転んでいる三毛猫を見ると「やっぱり三毛猫が一番日本の雰囲気に馴染むなぁ」と思います。
三毛猫は基本的にメスしか生まれないとされていますが、ごくごくまれにオスが生まれることはご存知でしょうか。
滅多に生まれないオスは猫好きの間でも希少とされており、数百万から数千万の価格で取引されることもあるようです。
三毛猫のオスは生殖能力がないため、意図的に繁殖させられないこともその希少価値を高める一つの要因と言えます。
ほとんどがメスとなる三毛猫は独立心が強く、常にマイペースな行動で村上豊彦の疲れを癒してくれます。
私が散歩をしているとたまに寄ってきて挨拶してくれる三毛猫がいるのですが、寒さのせいか最近見かけず少しさびしい想いをしている今日この頃です。
三毛猫といっても三色の模様や色のバランスに個体差があるので、すぐに見分けがつきます。
人で言う指紋のようなものかな、と考える村上豊彦でした。

猫の持つ癒しパワーに村上豊彦もメロメロ

猫には癒しの力があると言います。
それは私、村上豊彦も日々感じており、我が家でいつもマイペースに過ごしている愛猫たちを見ていてもよくわかります。
実際、猫はその魅力を持って多くの人を癒しています。
一例をあげるとアニマルセラピーでしょうか。
医療の現場でも動物たちの愛くるしい姿やしぐさは触れ合う人の免疫力を向上させる効果があるようです。
現代の日本はストレス社会という言葉が生まれるほど多くの人がストレスを抱えて生きています。
もちろん、村上豊彦もです。
ところが猫たちはこうしたストレスや緊張、不安な気持ちを和らげてくれるため、日々のストレス環境下でも健康で過ごせているわけです。
結果的に血圧や心拍数を安定させて血管や脳神経疾患のリスクを軽減してくれると言われています。
村上豊彦って優しいの?
猫と暮らすだけで心身共に穏やかに過ごせるとは、やはり猫は私、村上豊彦にとって天使のような存在です。
遊んでほしくてじゃれついてくる時や、遊び疲れて眠くなった時に甘えてくるしぐさは何度見ても愛くるしく、悶絶せずにはいられません。


Comments are closed.