蓄電池設備で様々な状況に対応

蓄電池設備で様々な状況に対応

近年、自然災害や大きな事故の際に活躍しているのが蓄電池設備です。

蓄電池は普段は使用せず電力を溜めておくことで、なんらかの事故や災害により電力の供給が止まってしまった際に使用することができるものです。

蓄電池設備は設置するにあたり細かく法律で定められている項目もあり、安全に配慮しつついざというときにスムーズに利用できるように工夫されています。

電力の供給が止まってしまっても発電機を使って電気を作り出すことはできますが、労力と時間がかかるため、緊急時にすばやく利用でき機能するのは蓄電池なのです。

最近では家庭用蓄電池設備も開発されており、たとえば電気自動車は家庭用のコンセントを使い、自動車を利用しない時間に電気を溜めておき、溜めた電気で自動車を走行させることができます。

このように限られた資源を無駄のないように使いつついざというときに活用できるような蓄電池設備は現代の日本において欠かせない重要なものなのです。

電気がなくなったときに活躍する蓄電池設備

もしこの世から電気がなくなってしまったらどうでしょうか。

おそらく現代の私たちは生きていけないでしょう。

パソコンやスマートフォンを使い仕事をし、暑い夏や寒い冬にエアコンや扇風機をかけ、IHコンロや電子レンジを使い料理をし、テレビやゲームなどで娯楽を満喫する…といった具合に日々の生活の中で電気を利用しない人はほぼゼロに近いといっても過言ではないでしょう。

そのため、自然災害や大きな災害に見舞われた際に電力の供給が止まってしまうと想像を超えた不便さを強いられます。

そこで活躍するのが蓄電池設備といって、いざというときのために電気を溜めておくシステムです。

発電機と異なり事前に電力を溜めておくことができるため電力の供給が止まった瞬間から溜めておいた電力を使用することができるのです。

発電機で電気を作り出す間、一時も電力がなくなることがないよう機能してくれますので、法律で蓄電池設備が義務付けられている場所もあります。

先を予想して開発された蓄電池設備

地震や災害が起きたときその衝撃や微かな異常を感知して、安全のために電力の供給が止まることがあります。

しかしそのような状況においても人命救助を考えるとどうしても電力が必要になる場合があります。

たとえばエレベーターの中に人がいる場合です。

エレベーターは危険を察知すると自動的に止まるようになっていますが、その際に人が中にいると閉じ込められてしまいますから、自動的に近くの階で止まるようなシステムが組み込まれています。

しかしその時点ですでに電力の供給が止まっている場合があり、その場合は蓄電池設備が活躍します。

溜めておいた電力を使用するため、供給がなくても機能するのです。

緊急時には何が起こるかわかりませんし、非常事態が多く発生するものです。

蓄電池設備は安全を考えた先に更なる危険が存在し、その先の安全を予想してあらゆるシステムを構築していく中で考えられた一つと言えます。

蓄電池設備の工事をお見積もりします

限りある資源を有効に使い私たちの暮らしの安全と安心を守るための研究と開発が常に進められているのです。


Comments are closed.