業務用蓄電池の基礎知識とその種類

業務用蓄電池の基礎知識とその種類

業務用蓄電池が利用さている場所としては、企業や病院などが代表的です。

業務用蓄電池は、使用されている素材による違いがあり、ニッケルとリチウムイオンそして鉛ががあります。

これは例えば自動車のバッテリーなどに使われている種類でかなり一般的です。

鉛は放電を全て終了すると劣化し始めます。

リチウムイオンは、電気自動に使用される事が多く、最近自動車業界で使用が増えている種類です。

ニッケルを使用したものは市販されている乾電池と同じ素材です。

繰り返し充電ができるタイプなので効率が良い製品だと言えます。

気になるこの商品の寿命ですが、充電を繰り返すたびに寿命が短くなります。

鉛のもので、500回程度は使用できます。

リチウムは、2年から3年の寿命です。

ニッケルのタイプは、1,000回程度は繰り返し使えます。

このように、業務用蓄電池には種類によって寿命が異なるのが特徴になります。

使用する目的に合わせて素材を選ぶようにしましょう。


Comments are closed.