レーザ加工システム導入で、提案の幅が広がりました

レーザ加工システム導入で、提案の幅が広がりました

ディスプレイデザインのお仕事は多種多様。

私がデザイナーとして入社してしばらく経つんだけど小さな会社だから、見積もりや加工・施工の指示なども業務の一環として行ってます。

ある日、営業から「新規の仕事きたぞ」と連絡が。

帰社して話をきいてみると、結構ハード。

自社にある工場で、ある金属以外の加工はそこそこ行っている当社は木なら糸鋸など手仕事でカバーしている事が多い。

ディスプレイはオブジェを提案している事も多くほとんどが一点物や少数生産のものになるからだ。

しかし今度は木工での文字加工含む細かな作業が多数発生。

それも継続するイベントなのでしばらくこの作業が続きそうとのこと。

「工場の人員でカバーできる量じゃない。

技術的にも納期的にも厳しい。

」まず外注を考えたが、社長に相談したら「工場にレーザ加工システムを導入したら、他にも使えて効率上がるんじゃないの?

この間うちにも営業さんが来てたし」という事で当社に初めてレーザ加工システムが導入されることに!

お客様に提案できる商品も、どこかで手仕事からの効率も考えている事が多く量産する可能性のあるものは、複雑で時間のかかる作業のあるデザインは極力少なくしていたけどこれからは提案の幅が広がりそう。

複雑な形状もレーザ加工システムで加工可能◎

レーザ加工システムを導入して、効率的に作業が行えるようになった。

社長もランニングコストが低いと言って大喜び。

工場の人からの評判も良い。

そうしているうちに私のデザインも結構クライアントから評判が良くなってきた。

やはり手仕事に限定して作るデザイン案よりも、幅がグっと広がったので他のデザイン会社より一歩進めたのが良かったんだろう。

仕事をしているにあたり、その素材を集めていると素敵なデザインにたくさん囲まれる。

その瞬間はとてもわくわくして、どこかにこのデザインを活かしたい!

とデザイナー心がうずうずする。

今日気になったのは複雑なスノーフレーク。

これをアクリルで表現したら透明感と特別感のあるクリスマスツリーのオーナメントになるんじゃないか?

私はすぐにまたデザインを始めた。

レイアウトをしているうちにすっごく可愛くなるんじゃないかな?

とチームみんなで盛り上がり始める。

そんな私をみて、社長はまたレーザ加工システムをしめしめと眺めているのだった。

イベントグッズ制作もいける!レーザ加工システム

クリスマスシーズン。

私の提案した複雑なスノーフレークのオーナメントを使用したクリスマスツリーがモールにきたお客さんに大好評。

営業が巧みに「うちにはレーザ加工システムがあってですね!

」と言いまわっていると、「じゃあ今度うちのイベントでオリジナルグッズとかできない?

」とお仕事のお話しが。

さすが営業だな~、システムがある事もネタに・・・なんて最初は思ってたけど大きなものの提案ばかりでグッズ制作は初めて。

できるのかな?

繊細なパーツ・・・。

そんな時はやっぱりレーザ加工システムに大いに感謝。

テストで作った干支の木製パーツ。

そのままキーホルダーにしたり大きさや形状を工夫してペーパーウェイトとか、ヘアゴムのパーツに使用したりとか。

色々できちゃう!

意外と繊細なパーツも問題ありませんでした。

デザイン案を考えているだけでほしくなって、工場の人に相談したらサンプルを頂けることに♪お客様のご予算に合わせて選ばれるみたいだけどこのヘアゴムの干支、かわいいなあ。

レーザ加工システムで売上アップ

これにならないかなぁ。

営業に猛烈におススメしている私なのでした。


Comments are closed.