マンションの耐震診断を受けて地震に対する不安を軽減させよう

マンションの耐震診断を受けて地震に対する不安を軽減させよう

マンションの耐震診断を受けたほうがいいのか悩んでいるが、耐震基準を満たしているといわれても地震がきたら一緒じゃないのかと思っている人も多いようです。
そこで現行の耐震基準ではどの程度の地震を想定しているのかを調べてみました。
昭和56年6月から適用されている現行の基準を満たしていれば、震度5強程度の中規模地震に対して、ほとんど損傷を生じない建物強度だそうです。
ほとんど起こらない極めてまれな、震度6強から震度7程度の大規模地震では、人命に影響を及ぼすような被害や、倒壊などの甚大な被害は起こらないような基準だそうです。
人命に影響が無いというポイントはかなり重要です。
家族の安全が一番ですからね。
こういうしっかりとした基準を知ると、マンションの耐震診断の必要性も理解しやすくなりました。
このごろの頻発する揺れに対して、震度5以下で問題が出るマンションだと怖くて住んでられませんよね。
耐震性能に不安があれば耐震診断を検討してみてください。


Comments are closed.